水車・石臼のあれこれ

水車製作との出会い

やまへいs.jpgそもそもの始まりは、昭和51年豪雪地帯の新潟県東頸城郡大島村の豪農「小野島家」の総欅造り茅葺屋根の豪邸を、小諸市に移転・復元して蕎麦屋にしてほしいとの工事の依頼からであった。豪農「小野島家」の建物は、太い柱に太い梁、それらが複雑に組み上げられた上に、茅で葺かれた住宅であったため、それまでに経験した事のない規模の移転・復元工事で、もっぱら作業は人の手に頼らざるを得ず、悪戦苦闘しながらの毎日でした。特に茅葺の屋根の復元工事に関しては、小諸・佐久周辺ではすでに茅葺職人が減少していたため、職人の手配に奔走せざるを得ず、延べ800人工を掛けてようやく完成の目処が立ったところであった。少々ほっとしているところへ、店主より

「水車を造りたいが、水車大工が見つからない。なんとかならないものか。」                           

とのたっての要請があり、水車大工を四方八方探したが見つからず、とうとう自分自身で造らざるをえなくなってしまった。これが、私の水車づくりの始まりであった。いざ、自分自身で水車をつくるにあたり、参考にしようと小諸・佐久周辺で水車を探してみたものの、またまた見つけることができなかった。当地の水車は、昭和30年代の初頃には稼働または残骸はどこにも目にしたのであるが、40年代後半には殆ど姿を消して忘れ去られてしまった存在となっており、近県にまで足を運び残骸などを調査せざるを得ない状況でした。一通り見て廻り、本格的に水車の設計に取り組んだ。

水車の設計に際して、一番配慮した事は、軸受の構造でした。残骸調査では木材の軸受に水車軸が乗り木材同士で滑り合う構造が一般的であったが、磨耗給脂サイクル等メンテに問題有りと考え、軸受の木材の中に、水車軸のたわみ、木材自身の曲がり等による軸方向への移動が起きぬよう、凹状かつ球面加工を施した鋳鉄製のメタルを埋め込み軸側にもメタルに合わせ凸状の鋼製のリングを巻き付ける方法とした。

ところが球面加工のためNC旋盤の使用を余儀なくされ、苦労は続くものでNC旋盤所有の工作機メーカーをやっと探し出し加工を依顛いたしました。水車軸以外の部品の加工についてはなんの心配もなく順調に進み、昭和52年3月に組立を完了し、いよいよ試運転の運びとなった。胸が高鳴る中、予定の水輪の回転数を確認し、次には搗臼も心地よい音をたててくれた。ホッと胸をなでおろす瞬間であった。しかし、碾臼だけは快調とまでとはいず、少々ぎこちなく回ってしまった。少々落胆しているところに、蕎麦粉が挽き落ちだしてきた。その一瞬、「ヤッタ」と心の中で叫んだ。この感動こそが、私を水車造りの虜にしてしまったのである。

「これが、わたくしの手掛けた水車一号機が誕生したのであった。」                               

この水車は、手入れをしながら、いまもいい音だして回り続けている。

会長 田中信一

ページ先頭へ戻る